くむくむ

今日は童具館のくむくむの紹介です!

くむくむ

くむくむは、積み木に穴が開いていて、ジョイント棒を差し込むことにより、積むだけだった積み木を、固定させ立体に組んで遊べるものです。

これの面白いところは、積み木に開いている穴が、ジョイント棒より大きいサイズとジョイント棒ぴったりのサイズの二種類あって、小さいサイズだと完全な固定で、大きいサイズだとジョイント棒が貫通するので、二つを組み合わせると、車のタイヤなどくるくる回るものを作れるんですよねぇ。なので、その辺りも踏まえて考えて作る必要があるんです。

きみ家では、きみ姉ちゃんが2歳半くらいのときにくむくむを購入して、最初はきみ父&母が作ってあげたり、木槌でジョイント棒をとんとん挿す遊びをしていましたが、4歳の今は自分のイメージするものを作ったり、パンフレットに載っているものを真似してみたりと、割と自在に扱えるようになっていると思います。

ただこの商品、難点が…

まず、値段がすごい…!7万円超えでございます!一般サラリーマン家庭のきみ家では相当の覚悟で購入しましたよ…中古品でも安く手に入れば全く問題なかったのですが、なかなか折り合いの付く商品が出てこなかったので、ほぼきみ母の勢いで購入してしまいました(笑)あぁっ、このおもちゃで遊んでみたい!遊ぶ我が子の姿をみてみたい!てね~

あと、小さい子はジョイント棒を差し込むことはできても、抜くことは固くて難しいので、抜きたいときや片付けるときには大人が付属のペンチで抜いてあげる必要があることと、たくさんの積み木やジョイント棒があるので、大人が片付けてあげる必要があります。もちろん、大きな袋か何かにドサッと入れてしまえば楽ですが、そうすると遊ぶときに欲しいパーツをサッと取り出せないので、結果的に遊びに集中できないし、きみ姉ちゃんを見ていると、きれいに見やすく・出しやすく片付けると、また張り切って遊びだすような気がするので、子が遊んだ後は、購入した際に収納されている木箱に、きちんと戻しておいてあげるのがいいかと思います。

さてさて、結果的に7万円も出して購入して良かったのかといいますと…

良かった!と思いたい!

というのが今のところの正直な気持ちですかね~(笑)

きみ姉ちゃんは、くむくむにものすごくはまって毎日必ず遊ぶ、という程ではないです。ただ、購入してからの約二年間、コンスタントに気が向いたときに手に取って、黙々と何かを作ったり、きみ父にロボットを作ってほしいとか飛行機を作ってほしいとか依頼して、一緒に楽しんだりはしています。細く長く、っという感じですね。

子の好みもあるし、環境もあると思います。きみ姉ちゃんはやっぱりおままごと系が好きだし、そういうおもちゃもたくさんあるので、どうしてもそちらに流れる。親の遊び方にも工夫が必要なのかなとも思うし。あと、遊ぶスペースが狭いのもあると思います。ほかにも積み木があるので、遊びとして広げようと思うと、積み木遊びに集中できる一部屋分があったら違ったかなぁとかも思います。

では最後に、最近のきみ姉ちゃんの作品をご紹介~

「白バイと梯子車」だそうです。これを走らせて、しばしきみ父と緊急車両ごっこを楽しんでいましたよ。

くむくむ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】童具館 くむくむ 収納箱付
価格:77760円(税込、送料無料) (2018/11/29時点)

 

楽天で購入