カカオ70%以上チョコレートを食べ比べ! NO.1

今回はきみ母オススメの本、“医者が教える食事術 最強の教科書”で、体にいい食べ物に登場する‘カカオ70%以上のチョコレート’実食レポです!

まずは、なぜカカオ70%以上のチョコレートが体にいいのか?すぐに頭に浮かぶのは、カカオ豆にはポリフェノールが豊富、っということ。では、ポリフェノールはどんな風に体にいいの?調べてみると…

  • 血管を広げることで血圧低下
  • 強い抗酸化力で動脈硬化予防
  • 善玉コレステロール値上昇
  • 記憶や学習などの認知機能を促進(うつ病やアルツハイマー型認知症予防)
  • 美容効果・老化を防ぐ

などなど…出てくる出てくる!いいことずくめですね~!

これはぜひきみ家のおやつに取り入れよう!っということで、とりあえず近くのマックスバリューのチョコレート売り場へGO!です!(←ただ単に甘いものが食べたくなっただけかも?)

まずは手始めに、カカオ70%くらいからいってみましょう!

リンツ・チョコレート エクセレンス・70%カカオ(フランス)

リンツエクセレンス70

  • 価格300円(税込み)、内容量100g、板チョコで10gずつに割れる、30円/10g
  • 原材料 カカオマス、砂糖、ココアバター/香料
  • 糖質量 表示なし(書いてあるかもですが読めず…)
  • 甘さがさっぱりとしていて癖がない。板チョコなので、割りづらく厚みもあるので食べにくい。ひとかけら10gだとちょい食べには量が多い。添加物に乳化剤が使われていないが、滑らかな口ざわり。

 

明治72% 森永70%

明治 チョコレート効果 カカオ72%(日本)

写真左のチョコレートです。

  • 価格375円(税込み)、内容量130g、1枚5g・26枚、29円/10g
  • 原材料 カカオマス、砂糖、ココアパウダー、ココアバター/乳化剤(大豆由来)、香料
  • 糖質1.6g/1枚(5g)、食物繊維0.6g/1枚(5g)
  • 甘みが強くフルーティー、鼻に抜ける感じが乳酸飲料?を思わせる。少し酸味もある。個包装でチョコレート一つずつが厚みがあり更に二つに割れるので、一袋5gなのに食べ応えがある。

森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70%(日本)

写真右のチョコレートです。

  • 価格322円(税込み)、内容量101g、1枚4.8g・21枚、32円/10g
  • 原材料 カカオマス、砂糖、ココアバター、ココアパウダー/乳化剤(大豆由来)、香料
  • 糖質1.8g/1枚(4.8g)、食物繊維0.5g/1枚(4.8g)
  • 甘みはあるが、くどくなく素朴な味わい。明治チョコレート効果72%より甘みが少ない。パッケージに高級感がありおしゃれ。個包装でチョコレート1枚ずつが薄くて口の中で溶けやすい。上品でまた食べたくなる。

きみ母、きみ父独断と偏見の中間結果!

美味しかったランキング!

第一位 森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70%(日本)

第二位 リンツ・チョコレート エクセレンス・70%カカオ(フランス)

第三位 明治 チョコレート効果 カカオ72%(日本)

 

しかしカカオ70%くらいのチョコレートって、意外と甘いですね~!本当はもっとがんがん試食するつもりでしたが、ヘビーで断念です。きみ父はこのくらいの甘みがおいしいみたいですが、きみ母にはこの甘さは刺激が強いです。きみ姉ちゃんも、甘くて美味しい!もっと食べたい!っと言うくらいなので、結構な甘みがあるんだと思います。最初に紹介している本では一日25g程度を推奨していますが、カレ・ド・ショコラやチョコレート効果だと一つ5gくらいなので、一日5個ですね。そんなに食べないですよね~まぁ値段も、カカオの含有量が高いほど上がりますしね…体にいいものは高いのね…っと妙に納得するきみ母なのでした。

この‘チョコレート実食レポ’張り切って始めましたが、食べ比べるとなると一気に数種類ずつ食べなくてはならず、結構キツイものがありますね(笑)テレビなんかで、~の食べ比べ!とか見ると、どんどん進むのであまり意識したこともありませんでしたが、いざ自分がやってみようと思うと意外と大変。そして近所のマックスバリューが、以外にも(?)カカオ70%以上のチョコレートの品揃えが良く、全部試そうと思うと20種類近くあります!うーん…マックスバリュー恐るべし!(笑)とりあえず12種類ほど購入しましたが、全てレポするのにいったいどれくらいかかるか?気長にお待ちくださいませ。

とりあえず、今日はチョコレートはお腹いっぱいです!ごちそうさまでした。